健康の大切さを真摯にお考えのかた必見の、驚異のメカニズム。フルボ酸に出会えて明日が変わります。
フルボ酸のお話 フルボ酸のお話 ミネラルのお話 冊子のご紹介 冊子のご購入 個人情報保護について 会社概要



プロポリス



  プロポリスとは





 プロポリスとは、ミツバチが植物の芽などから集めてくる樹脂成分や花粉に、自らの分泌液を混ぜ合わせて出来た、ミツバチにしか作れない物質です。

 プロポリスの語源はギリシャ語で「都市を守る」・・つまり『城壁』という意味です。ミツバチは時に、プロポリスを巣に塗りつけ隙間を埋め巣を固定し、時に巣の入り口や壁に塗りつけ巣の中を殺菌・消毒します。また、巣の中に浸入してきた外敵にプロポリスを塗りつけミイラ化し、腐敗による細菌の繁殖を防ぎます。プロポリスに守られた巣の中で、女王蜂は丈夫な幼虫を生むことができるわけです。

 紀元前7000年頃の古代エジプトでは、すでにプロポリスが使われています。この頃から人類はプロポリスを知っていて、生活や儀礼祭事の中で活用していたようです。

プロポリスとは



  プロポリスの原料と製品化についての指針





 プロポリスはブラジル産が良質だといわれています。しかし、日本の23倍の面積がある国です。同じブラジル産でも周囲の環境により含有成分は大きく変化します。ユーカリ近くで群生する「アレクリン」という植物が品質に大きく影響するのも理由のひとつです。原料に対しても確かな選択をしているものを選びましょう。同じブラジル産でも、周囲の環境により含有成分は変化します。

ブラジル風景
「ブラジル風景」

 プロポリスを扱う業者には、独自の基準に満たないものは使用しないという徹底した体制が整っているべきです。


プロポリスをつくっている巣箱
「プロポリスをつくっている巣箱」

 プロポリス原塊を抽出するには、世界的に見て最も安全なのがエタノール抽出です。また特に重要な成分であるフラボノイドの抽出にも適しています。水抽出ですと防腐剤を新たに加えなければならなくなります。余分なものを体に取り込む必要はありません。


プロポリス原塊
「プロポリス原塊」

 原塊はブラジルから直接空輸し、日本の完璧な管理体制の整った工場で製品化するべきです。長く愛用するものなので、余計な添加物を同時に摂取するのでは全く意味がありません。凝固剤・添加物を使用していない製品を選びましょう。


完璧な管理体制の製造工場
「完璧な管理体制の製造工場」



 プロポリスの特徴




抗菌・殺菌作用 口内炎、歯周病、下痢、MRSA院内感染の予防、膀胱炎、火傷、けがなど
抗ウイルス作用 インフルエンザ、風邪、ウイルス性肝炎など
鎮痛作用 頭痛、けが、神経痛、関節炎、末期がん、ヘルペスなど
抗炎症作用 口内炎、胃炎、腸炎、慢性膀胱炎、気管支炎、火傷、関節炎など
抗疲労作用 体力の消耗、日常の疲れ、倦怠感、発熱性消耗疾患など
モルヒネ耐性作用 末期がん治療時のモルヒネ鎮痛効果の維持など
抗がん剤の副作用軽減作用 吐き気、抜け毛、倦怠感など
殺がん作用 胃がん、肺がん、肝臓がん、食道がん、子宮がん、乳がん、卵巣がん、
大腸がん、RSA院内感染の予防、膀胱炎、火傷、けがなど
免疫調節作用 アトピー性皮膚炎、花粉症、喘息、じんましん、リウマチ、膠原病など
細胞活性・再生作用 手術後回復、円形脱毛症、胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎など
造血作用 貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血、悪性貧血など
血管強化・血行改善作用 冷え性、高血圧、低血圧、脳梗塞の後遺症、脳血管性痴呆など
活性酸素除去作用 老化防止、がん、腫瘍など
ストレス緩和作用 自律神経失調症、肩こり、心身症など



 研究報告





第57回『日本栄養、食糧学会大会』(福岡)2003年5月
「病態モデル動物におけるプロポリスの有効性の評価」
第9回『東南アジア西太平洋薬理学会』」(韓国)2003年8月
「身体的疲労性およびビタミンB1欠乏誘発性ストレスマウスに対するプロポリスの有効性の評価」
第62回『日本癌学会総会』(名古屋)2003年9月
「ヒト白血病細胞株U937におけるプロポリスによる細胞増殖の抑制とアポトーシスの影響」
第77回『日本薬理学会』(大阪)2004年3月
「プロポリスによるヒト癌細胞における細胞増殖の抑制とアポトーシスの誘導について」
第58回『日本栄養・食糧学会』(仙台)2004年5月
「プロポリスの抗炎症作用−マウス・カラゲニン足蹠浮腫を用いての検討―」
第63回『日本癌学会総会』(福岡) 2004年9月
「ヒト白血病細胞株U937におけるプロポリスによる細胞増殖の抑制と発現機構」
第7回『日本補完代替医療学会』(金沢)2004年10月
「プロポリスのヒト腫瘍細胞における殺細胞作用と発現機構」
「プロポリスの代替医療適用を検証するための行動薬理学的研究」
第58回『日本栄養・食糧学会』(東京)2005年5月
「モルヒネ鎮痛耐性に対するプロポリスの抑制効果」
第79回『日本薬理学会』(横浜)2006年3月
「ヒト白血病細胞株U937におけるプロポリスによるアポトーシスの誘導とテロメラーゼ活性の低下」




Copyright(C)2007 Holos Art House All Right Reserved.